製品の開発コンセプトはGREENとし、資源の節約、リサイクル化、永く利用してもらえるような製品づくりをめざしています。

本社外観

会社概要

会社名 株式会社ゼニス計測システム
英文社名 Zenisu Keisoku CO.,LTD.
創立1972年 (昭和47年) 3月 3日
資本金2,400万円
代表取締役 岩永紀雄
従業員数 10名
所在地 〒183-0027 東京都府中市本町2-13-37 第一ゼニスビル
TEL 042-368-2126
FAX 042-364-0067
経営理念私たちの、社会における存在と使命の理念
〝人間の自己実現機会創造〟
私たちの、経営に臨んで大切にしている、姿勢の理念
〝未来も豊かに〟
私たちの、事業領域を示す、事業の理念
〝電子技術&ソフト技術で社会を楽しく豊かにする製品の提供〟
行動指針自然に感動の心
社会に感謝の心
技術に厳しい心
主要製品特注電子機器 及び ZSシリーズ製品
業務内容①計測器、計測システム、各種テスト機器の製造販売
②コンピューター周辺機器の製造販売
③コンピューターソフトウェアの開発、販売
④各種電子パーツの販売
関連会社有限会社エステーシー
〒849-2303 佐賀県武雄市山内町三間坂 堀切工業団地
TEL:0954-45-4838 FAX:0954-20-7007
電子パーツショップエステーシーふちゅう
〒183-0027 東京都府中市本町2-13-37(第一ゼニスビル1階)
TEL:042-368-2174
電子パーツ・オリジナル商品の通信販売及び店頭販売
主な納入先お客様の研究開発試作についてお手伝いすることが多いため、守秘義務もあり、公開しておりません。
主な仕入先株式会社アルテックス、日本電計株式会社、富士エレックス株式会社、セイング株式会社
他部品、実装組立、プリント基板、機構製作など協力会社多数
※敬称略

会社沿革

1972年3月東京都多摩市において 有限会社ゼニス技術研究所 を設立。
1973年6月業務拡大のため、本社を東京都府中市寿町に移転。
1977年10月YHP社より、IEEE-488(GP-IB)実施権購入。IEEE-488-1975の検討を始める。
1979年7月社名を 有限会社ゼニス計測システム と変更。
1981年5月GP-IBアダプタ ZS-6120シリーズ を開発、発売を開始。
現在も製品基本仕様は変わらず ZS-6120Cシリーズ として発売中。
1982年3月株式会社ゼニス計測システム に組織変更。
1985年1月業務拡張、設備増強のため、東京都府中市本町に本社ビル完成移転。
1989年3月佐賀県武雄市堀切工業団地に 山内工場 を新設して操業開始。
1991年7月創業20周年を迎えるにあたりCI活動開始。経営理念、行動指針、社マークを制定。
2000年6月USB関連の製品を開発開始。
2002年7月新製品 GP-IB光エクステンダー ZS-6103EF を発売。
2003年4月新製品 LAN/GP-IB変換機 ZS-6180F を発売。
2005年新製品 ZS-6220シリーズ、ZS-6130Bシリーズ、ZS-6170F を発売。
2007年6月新製品 ZS-6224シリーズ、ZS-6322シリーズ を発売。
2008年11月地球環境マネージングシステムとして「環境宣言」を制定。
2012年3月創立40周年。
2014年2月超高解像度X線検査機を開発。
2014年3月GP-IBインターフェース専用ICを開発開始。
2014年9月GP-IBインターフェース専用ICを搭載し、新製品 ZS-6143AF、ZS-6144AF を発売。
2015年7月新製品 ZS-6180AF を発売。
2016年7月新製品 GP-IB光エクステンダー ZS-6103EG を発売。
2017年3月創立45周年。
2021年3月創立49周年。